Fandom



主人公カネキが愛読している小説の作者。アニメではぼさぼさの髪に眼鏡というおよそイメージどうりの小説家である。高槻作品「黒山羊の卵」によりカネキはリゼと出会い、「小夜時雨」「虹のモノクロ」によりヒナミとの間も縮まり、月山との出会いも本がきっかけであるように、本作は高槻作品が物語の始まりに絡むことが多い。また、握手会のときには喰種の作品が書きたいというセリフとともに、立ち去るカネキとヒナミを見て意味深なセリフを放つなど、なぞの多いキャラである(高槻 泉としてでたのはこれが最初で最後である)。その後、アオギリの幹部の「エト」と言動が似てたり、知識が同じなことから、同一人物の可能性があると騒がれていた。最終巻14巻で隻眼の王の人間の姿が判明し、高槻であることが確定。カネキの事故に関係があることをにおわせるセリフと、今後捜査官の喰種化の事について加納医師と会話するなど、さらになぞは深まった。今後の作品のなぞをとくにあったって非常に注目したいキャラクターである。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。