Fandom



7月4日生まれのかに座。血液型O型。赫子は羽赫。トーカの弟であり、アラタの息子。アオギリの幹部。性格は気が強い言動が見えるが根はやさしい。子供のころに親であるアラタを亡くして以来、トーカと二人で粗暴な生活をしていたが、吉村と出会い、トーカは人間社会に、アヤトは喰種社会へと分かれた。その後、アオギリの件であんていくと戦うことになるが、カネキに敗れ、姉を守ろうとしていた真意までを見透かされる(この時のカネキの「君は半殺しだ 骨を103本折る」には痺れた)。戦闘能力は極めて高く、羽赫ながらも接近戦を得意とするが、本編において「アヤト強い!かっこいい!」みたいな場面はまだない。アオギリのリーダーであるタタラとは、険悪な関係に見えるが巻末などの短編漫画においてタタラはアヤトのことをかわいがっているような描写がみえる。捜査官には「黒ラビット」とよばれている。続編:reにおいては、ヒナミと一緒にいることが多く、捜査官からも「ラビット」と呼ばれているなど、空白の時間に何があったか気になる人物である。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。