Fandom


Home > 東京喰種トーキョーグール/実写映画 > 霧島薫香 (実写映画)


このページでは実写映画『東京喰種 トーキョーグール』に登場する人物、霧島薫香(きりしま とうか)の情報をまとめているページです。
※誰でも編集可能なので、気軽に編集してみてください。

概要編集

霧島薫香(きりしまとうか)は「あんていく」でアルバイトをしている喰種(グール)でトーカと呼ばれる。

父親を喰種捜査官に殺されて以来、人間に対し強い憎しみを持つようになる。しかし、喫茶店『あんていく』店長である芳村の提案により人間の学校に通うようになり、考えを改めるようになる。

主人公のカネキを半端者として嫌っているが、世話焼きな性格なのか、窮地を何度も助けている。

※追記お願いします。

人物編集

人間の生活に強く憧れており、種喰としては珍しく人間の「親友」を持つ。喰種として人間を食べるのは変わらないが、『アンティーク』に所属する喰種として人間社会と上手く折り合いをつけて生きている。

トーカの赫子は[[羽赫]で素早い動きで敵を制する戦いが得意。瞬発力が高く、敵を翻弄する程の速度を持つが持続力がなく、長期戦は苦手。

原作との違い編集

実写版と原作の違いの記述をお願いします。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。