Fandom


Home > 東京喰種トーキョーグール/実写映画 > 金木研 (実写映画)


このページでは実写映画『東京喰種 トーキョーグール』に登場する人物、金木研(かねき けん)の情報をまとめているページです。
※誰でも編集可能なので、気軽に編集してみてください。

概要編集

東京喰種 トーキョーグールの主人公で元人間の喰種(グール)。東京の20区で一人暮らしをしながら学生生活を送っていたごく一般的な青年であったが、喰種に関連する事故で重症をおってしまう。その後、喰種の臓器を移植されたことにより半喰種になってしまう。

半喰種ではあるが、喰種と同じく人間の肉を食べなくてはならず、人間の食事を不味く感じるようになってしまった。本人曰く「パンは無味無臭のスポンジみたいでッ…!レタスは鼻の奥まで青臭いし…ッぐ!チーズなんか乳臭くて粘土みたいな食感だ…!」とのこと。

喰種が集まる喫茶店『あんていく』で働くことになったなかで霧嶋董香や四方蓮示、さらに雛実や錦、月山と言った他の喰種たちと交流を行い。唯一、喰種と人間の双方の世界に属セル者として、ときに苦悩しながら自分なりの生き方を探していく。

人物編集

趣味は読書で、特にミステリー作家の高槻泉の大ファン。
優しく内向的な性格をしており、半喰種になりたての頃は一方的な暴力に為す術が無かった。しかし、強い信念を持っており、その信念を達成するためには努力を怠らない強さも持ち合わせている。

アオギリより過度な拷問を受けたことにより精神が崩壊し、姿と性格が変貌してしまう。(髪は白くなり、凶暴な性格へとなってしまった)

※追記お願いします。

原作との違い編集

実写版と原作の違いの記述をお願いします。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。