Fandom



20区に母親と住む少女の喰種。赫子は甲赫および鱗赫。赫子は真戸も褒めるほどに優秀である。父親はすでに他界しており、母親と二人で暮らしている。物語序盤において、亜門、真戸コンビに首をはねられる場面を目の前で目撃しショックを受ける。その後あんていくに引き取られたが、心の傷はなかなか治らなかったが、カネキが本を持って来たり、漢字を教えたりとしているうちに明るさを取り戻していった。また、母親リョーコが殺されたことにより、トーカが捜査官殺しを始めたり、カネキが修行をはじめたりと物語の起点にもなった。その後、トーカvs真戸戦において赫子を発現。その時同時刻に有名な初カネキvs亜門戦も行われていた。ヒナミとリョーコの件が終わると、トーカの家で暮らし物語に絡むことはなくなったが、カネキがあんていくを離れた後はカネキと共に行動し、優れた索敵、感知能力を見せていた。続編re:においては優れた索敵、感知能力を活かしアオギリの幹部にまでなっていた。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。