Fandom


Home > 東京喰種トーキョーグール/実写映画 > 神代利世 (実写映画)


このページでは実写映画『東京喰種 トーキョーグール』に登場する人物、神代 利世(かみしろ りぜ)の情報をまとめているページです。
※誰でも編集可能なので、気軽に編集してみてください。

概要編集

神代 利世(かみしろ りぜ)は主人公である金木研の想い人であり、彼が半喰種として苦しむ原因を作った張本人。金木研との好意を利用し、デートを楽しんでいるように振る舞うが、彼を食べるコトしか頭になかった。

しかし、金木研を食べる直前に工事現場の鉄筋崩落に巻き込まれ、死亡する。生き残った臓器を本人の意志とは関係なく、金木研に提供している。

人物編集

眼鏡をかけた妖艶な女性でアンティークにも良く顔を出していた。表面上は理知的で清楚な女性を振る舞っているが、本性は奔放かつ貪欲。

退屈嫌いの「大喰い」で計画性なく捕食を繰り返していたため他の喰種からもよく思われていなかった。

原作との違い編集

実写版と原作の違いの記述をお願いします。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。