Fandom


Home > 東京喰種トーキョーグール/実写映画

このページでは『東京喰種トーキョーグール』の実写版映画に関する情報をまとめています。
東京種喰 Wikiはファンの皆で作るWikiです、みなさまの知識をぜひここで共有してください。



映画『東京喰種』は日本の漫画家『石田スイ』のデビュー作であり、週刊ヤングジャンプの人気漫画でもあった『東京喰種 トーキョーグール』の実写映画作品です。主演女優の引退騒動などがあり、上映が怪しまれていましたが2017年7月29日に公開が決定されました。 東京喰種とは人肉を食べて生活する喰種(グール)が存在する世界の東京で、半喰種となった主人公・カネキの葛藤と戦いを描いた作品です。原作の連載は終了していますが、続編の『東京喰種トーキョーグール:re』が連載中です。

また、外伝などがアニメや小説、OVAも幅広く展開されています。詳しくは「東京喰種トーキョーグール/書籍一覧」や「東京喰種トーキョーグール/アニメ一覧」のページを参照してください。

あらすじ編集

普通の大学生活を送っている主人公「金木研(かねきけん)」は、リゼという女性と趣味の読書を通じて知り合いデートをすることに。

楽しい時間を過ごした金木とリゼであったが、実はリゼは喰種(グール)と呼ばれる「人間を食べて生きる」生物であった。リセに襲われ、食べられる覚悟をした金木だが、たまたま工事現場の資材が落下し、リゼもろとも重症を負い病院へ運ばれる。瀕死状態であった金木は死亡したリゼの臓器を移植されることで一命を取り留めるが…

次に起きた時には半喰種となってしまっていた。人間の食事もまともに摂取することができず、人間に食欲を覚えるようになってしまった「カネキ」の葛藤と戦いが幕をあける。

キャスト/登場人物編集

原作との違い編集

公式設定が発表されていないため、詳しいことは不明です。
しかし、実写映画ということで設定の変更は確実にあると思われます。
また、現時点(2017年4月)で重要人物のひとりである永近英良のキャストが発表されていないことから、キャラクターが削られている可能性があります。

キャストに関する騒動編集

メイン女優の清水富美加さんが女優/モデル/ アイドルを2017年2月11日に引退したために、映画の公開がされない可能性があるとして話題になりました。清水富美加さんの引退理由が特殊であったことも(詳しくは検索してください)、ファンの不安を大きくしていました。

2017年の春には公式にキャストの変更なく上映も予定どうりに行うことが発表されています。

清水富美加さんを大画面で見ることのできる最後の機会である可能性が高いので、ファンの方には特別な映画になりますね。

リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。