Fandom



フィットネスクラブで先生を勤めている41歳の男性。物語序盤においてカネキが空腹状態のときに匂いにつられて、たどり着いた先にいた人物である。そこで捕食をしていたが、その後、ニシキによって殺害された(このときの効果音?「どーん」は印象深い)。一見、物語序盤においての喰種の世界の食べることの残酷さの描写のための、かませ役かと思えば、後に発売された小説版において日常生活が描かれていたり、巻末の短編漫画にも多く登場しており、作者に愛されているキャラクターである。前述のようにフィットネスクラブで働いていたり、喰種のなかでは人間生活にうまくとけこめており、頭はいいのではないかと推測される。戦闘能力については本編、および小説においても描かれていないため不明。体は引き締まっており、性格もよく、金銭的にも問題がないが、それを帳消しにする顔をもっている。同僚からも「顔がねー」といわれる始末である。続編:reでは巻末にも登場していないので、今後にきたいである。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。