Fandom


Home > 東京喰種トーキョーグール/実写映画 > 亜門鋼太朗 (実写映画)


このページでは実写映画『東京喰種 トーキョーグール』に登場する人物、亜門 鋼太朗(あもん こうたろう)の情報をまとめているページです。
※誰でも編集可能なので、気軽に編集してみてください。

概要編集

亜門 鋼太朗(あもん こうたろう)はCCG本局に所属する一等捜査官の喰種捜査官。東京喰種では人間側の主人公のような立場の人物。喰種捜査官養成学校を主席で卒業するほどの逸材で、肉体も身長が191cm・体重が94kgもあり、まさしく文武両道の男。

その実力はクインケ無しでも、弱い喰種であれな対処出来るほどであり、裝備さえ整えば特等並(超一流)の戦闘力を持つ。

真戸呉緒のパートナーとして人を害する喰種を狩る日常を送る。

人物編集

正義感が強く、また感受性が高い。そのためか、喰種の被害者に共感し感情を露わにすることも多い。「この世界は間違っており、歪めているのは喰種」という持論を持っており、喰種を殺す為であれば人道に外れたことも厭わない。

※追記お願いします。

原作との違い編集

実写版と原作の違いの記述をお願いします。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。